英国IFA認定アロマセラピスト資格を取得しよう!

IFA協会・IFA資格・IFAスクール・IFA試験・CDP取得 情報サイト

IFAとは IFAスクールの選び方 IFAスクールリンク集 IFAスクール体験記 私なりの勉強法紹介 IFA試験の為にまとめたもの 症例英訳に便利なもの 課題やIFA試験勉強に役立った本 CDP取得のためのお薦めセミナー

IFAとは

正式名称:International Federation of Aromatherapists(国際アロマセラピスト連盟)

1985年にプロフェッショナルアロマセラピストのための組織として
英国のアロマセラピストによって設立。
アロマセラピーの団体として世界最大規模の会員により
支えられている慈善団体です。

英国だけでなく、ヨーロッパ、オーストラリア、カナダ、
アメリカ、チリ、南アフリカ、日本、香港、中国、シンガポールなど
世界中に会員を持つ国際的な組織です。

IFAの主な目的はアロマセラピー教育水準設定と維持、 資格試験実地、
会員制の運営、一般に向けてのアロマセラピーの普及とその施術などです。

英国では、RQAとISPとの合併により、IFPAが設立されましたが、
IFAは、最終的に合意にいたらず合併ではなく、
相互協力体制を取る形で、 IFAは独自の活動を継続しています。

IFA資格取得に必要な学習

IFA資格を習得する為には、IFAの認定校で学ぶ必要があります。

生理解剖学・病理学、ベーシックマッサージ(スウェディッシュマッサージ)、
アロマ理論、アロマトリートメント、衛生学、応急手当、症例など、
スクールの授業と自宅での課題・症例で、約700時間の学習が必要になります。

スクールでの卒業試験、アロマトリートメント50症例、
ビジネスレポートの全てに合格して初めて、IFA受験資格が得られます。

IFA試験

年に1〜2回、IFAスクールで開催されます。通常卒業したスクールで受験します。

実技と理論(生理解剖学2時間、アロマ理論2時間)の両方に合格する必要があります。

試験は全て記述式です。問題によっては、 選択肢がある場合もありますが、
論述(文章を書いて答える)問題も多いです。
また、ほとんどの問題で精油は学名で回答します。

実技と理論の片方しか合格できなかった場合は、次回不合格した方を受験します。

会員制度

合格後、IFAに会員登録をする事で、IFA認定アロマセラピストになれます。
会員登録をしなかったり、会員の更新をしないと
「IFA認定アロマセラピスト」と名乗ることは出来ません。

会員になるためには、海外正会員としての会費£80.00、
上級救命士認定証のコピー、セラピスト損害保険の証書のコピーが必要です。

IFA会員は、1年間に12時間のCPDを行なうことが義務付けられています。
CPDとは、継続的専門技術開発の事で、常に知識・技術の向上を求められます。
継続の際には、アロマセラピストとして専門性を
更に高めるための学習を行ったという証明証が必要になります。

SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー